審美・ホワイトニング|八尾市久宝寺の歯科医院|正樹歯科医院

〒581-0064大阪府八尾市跡部本町1丁目4-30
072-923-0729
WEB予約(初診) WEB予約(再診)
ヘッダー画像

審美・ホワイトニング

審美・ホワイトニング|八尾市久宝寺の歯科医院|正樹歯科医院

審美歯科

審美・ホワイトニング

審美歯科とは

歯科医療の目的は口腔疾患の予防と治療により、口腔機能を健康的に保持していくことにあります。しかしながら、治療によって機能を回復できたとしても、審美的に満足感が得られなければ、心身ともに健康を取り戻したという実感は得られにくいといえます。
また、歯の外観や口元にコンプレックスを抱えている方は多く、歯をきれいに美しくし、歯肉や他の歯とのバランスを整えることは、口元の美しさを高めるだけでなく、自信や活力、明るさを取り戻すなど精神面でも良好な効果をもたらします。
審美歯科は、「歯を白くしたい」「歯並びをきれいに整えたい」といった見た目の美しさを追求する審美的観点と、噛み合わせや噛む力など機能面の改善を兼ね備えた歯科医療分野です。
当院では、歯を白くするホワイトニング、詰め物や被せ物では保険適用の取り扱いはもちろん、より見た目や機能性を重視したい方のご希望に添えるよう、セラミックやジルコニアなど審美性・耐久性に優れた材料を種類豊富にご用意しています。「歯の美しさ」に焦点をあてた様々な方法をご提案いたします。お気軽にご相談下さい

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯を白くきれいにしたい
  • 歯並びをきれいに整えたい
  • 詰め物や被せ物が変色してきた
  • 前歯のすき間や形が気になる
  • 笑ったときに銀歯が気になる

まずは、ご希望をうかがいお口を詳しく診査し、その結果をもとに治療計画を立てて、同意をいただいてから治療に入ります。ご不明な部分はどうぞご遠慮なくおたずね下さい。

審美治療の流れ

1

カウンセリング・診断

気になる部分やどの程度きれいにしたいのか、などを聞かせていただくと同時に、お口の中の状況を確認させていただきます。

2

治療計画の立案

「いつまでに治療を済ませたい」といったご希望や、実際にかかってくる費用のお話しをさせていただきます。また、具体的にどのような順序で治療を進めていくのかを決めていきます。

3

治療

1、2でうかがったご希望と治療計画に基づいて治療を進めていきます。

4

完成

5

メインテナンス

詰め物(インレー)

軽度の虫歯などで歯を少しだけ削ったあとに入れて治療するのが詰め物(インレー)です。歯の一部分だけを補うので、歯の土台を形成する必要はありません。主に臼歯に行います。

保険適用

ダイレクトボンディング

コンポジットレジンインレー

レジンというプラスチック素材で、歯の形を修復したり、歯のない部分を補ったりする治療です。短時間の修復で、天然の歯の色を再現できるため、取り組みやすい審美治療といえます。また、小さな虫歯を削った後に詰めれば、治療跡がわからない程自然な修復が可能です。

メリット

  • 短期間での治療が可能
  • 隣接する歯の切削量が少ない
  • 変色した歯も切削量を少なく白くできる

デメリット

  • 歯の状態によって適応できないことがある
  • 経年劣化で取れることがある
  • 強度が低い

適応例

  • 歯のすき間(すきっ歯)の改善
  • 歯が欠けたり、摩り減ったりした部分の回復
  • 本来の歯より小さい歯の改善
  • 軽度の歯並びの修正
  • 変色歯の改善
  • 歯の表面の凸凹の改善

保険適用の素材にはコンポジットレジンがあります。自費診療ではコンポジットレジンに、細かいセラミックの粒子を混ぜたハイブリッドセラミックを使用します(セラミックを混ぜ合わせることで、研磨により、天然の歯のようなツヤを再現できます)。

費用(保険診療):1本1,000円〜1,500円前後
※処置部位・箇所数で費用が変わります。
・歯のすき間を塞ぐ
・前歯を作る
・奥歯を補う

メタルインレー(銀色の金属素材)

メタルインレー(銀色の金属素材)

奥歯の詰め物に用いられる銀色のインレーで、金銀パラジウム合金という金属が使用されます。

メリット

  • 金属なので強度が高く壊れにくい
    (強い力のかかる部位にでも使用できます)
  • 保険適用なので費用が安い
  • 治療期間が比較的短い

デメリット

  • 金属色で見た目が良くない
    (審美性に劣ります)
  • 金属アレルギーを起こす可能性がある
  • 歯ぐきに金属の色が沈着することがある

費用(保険診療):1本:4,000円前後

自由診療

オールセラミックインレー

すべてセラミック(歯科用陶材)でできた審美性の高いインレーです。透明感がある自然な美しさで、長期間使用しても変色しません。生体親和性も高く安心です。

メリット
  • 天然歯のような透明感がある自然な白さ・美しさを再現できる
  • 汚れ(プラーク)や臭いが付きにくい
  • 金属を使用しないため金属アレルギーがない
  • 歯質との適合性が高く、歯と一体化するためむし歯を再発しにくい
  • 安定した材料で、長く使用しても変色、摩耗が起こりにくい
デメリット
  • 強い衝撃によって割れることがある

  • 天然歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷めることがある

  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:80,000円(税別)

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材です。審美性が高く、美しい白い歯になりますが、オールセラミックよりは透明感などが劣ります。

メリット
  • 保険適用のレジンのみよりも審美性が高く、美しい白い歯になる
  • 金属を使用しないため金属アレルギーがない
デメリット
  • オールセラミックより透明感が劣る
  • 長期の使用で変色や摩耗を起こすことがある
  • 保険外治療で費用が高い(CAD/CAMを使って作られた「CAD/CAM冠」および「CAD/CAMインレー」は歯の部位によって保険適用になる場合もあります)

費用(自由診療):1本:60,000円(税別)

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)は、虫歯で歯を多く削ったり、神経を取ったりした場合によく使われます。保険診療と自費診療とで使用できる素材が大きく異なります。

保険適用

硬質レジン前装冠(前歯のみ)

硬質レジン前装冠(前歯のみ)

硬質レジン前装冠は、外から見える表側がレジン(プラスチック)、裏側が金属(金銀パラジウム合金)で構成されたクラウン(差し歯)です。前歯に限り保険で作製することができます。

メリット

  • 表側は白色で天然歯に似ているため、見た目が良い
  • ベースは金属であるため強度が高く、壊れにくい
  • 保険適用で費用が安い

デメリット

  • レジン部分はプラスチックで経年的な変色、摩耗が起こりやすい
  • 裏側の金属が見える
  • 時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを起こす可能性がある
  • 保険適用は前歯と犬歯で、奥歯には適用されない

費用(保険診療):1本:6,000円前後

メタルクラウン(金属冠:銀歯)

メタルクラウン(金属冠:銀歯)

冠全体が金属でできている、いわゆる「銀歯」です。

メリット

  • 金属で強度が高く、強い力がかかる奥歯にでも使用できる
  • 保険適用で費用が安い

デメリット

  • 金属なので見た目が良くない
  • 時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを起こす可能性がある
  • 虫歯の再発リスクはセラミックよりも高い

費用(保険診療):1本:5,000円前後

CADCAM冠

CADCAM冠

CADCAM(キャドキャム)はComputer aided design Computer aided manufactureの略称です。CADCAM冠とは、3Dカメラで治療箇所をスキャンし、その情報を元にコンピューターが設計して、3次元切削加工機がブロックを削って作製する冠(クラウン)です。セラミックとレジン(プラスチック)を合わせた材料(ハイブリッド)で、保険診療で白い歯を作ることができます(歯の部位によって保険適用とならない場合があります)。

メリット

  • セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、白い歯を作ることができる
  • 保険適用で費用を抑えることができる

デメリット

  • 歯を削る量が多い
  • 保険適用となる部位は、前歯(1番2番目の歯)、犬歯(3番目の歯)、小臼歯(4番5番目の歯)、奥歯とよばれている第一大臼歯(6番目の歯:第二大臼歯⦅7番目の歯⦆が上下左右4本揃っており、左右のかみ合わせのバランスがとれていることなどが条件)です。

費用(保険診療):1本:5,000円前後

自由診療

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、歯科用陶材(陶器)であるセラミックのみを使った審美性の高いクラウンです。透明感のある自然な色調・ツヤで、天然歯の高い再現性が得られます。プラークが付着しにくく清掃性にも優れています。

メリット
  • 天然歯のような透明感がある自然な白さ・美しさを再現できる(前歯に最適です)
  • 汚れ(プラーク)や臭いが付きにくい
  • 金属を使用しないため金属アレルギーがない
  • 歯質との適合性が高く、歯と一体化するため虫歯を再発しにくい
  • 安定した材料で、長く使用しても変色、摩耗が起こりにくい
デメリット
  • 強い衝撃によって割れることがある
  • 天然歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷めることがある
  • 将来的に歯ぐきが下がり、歯と歯ぐきの境目が見えてくることがある)
  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:100,000円(税別)

メタルボンドセラミッククラウン

メタルボンドセラミッククラウンとは、内側を金属で裏打ちしたセラミックのクラウンで、強度が高く割れにくい特徴があります。連結冠(ブリッジ)にも使用することができます。

メリット
  • 天然歯の見た目に仕上げることができる
  • 内側が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 内側の金属にゴールドを使用することで、金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーの可能性を下げることができる
デメリット
  • 内側に使用する金属によって、歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性がある
  • 色調や透明感はオールセラミックに劣る
  • 内側から金属が見える
  • 将来的に歯ぐきが下がり、歯と歯ぐきの境目が見えてくることがある
  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:100,000円(税別)

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンとは、内側をジルコニア(セラミック素材の一種)、外側をセラミックで作製した、すべてセラミック素材のクラウンです。メタルボンドと異なり、金属を一切使用しないため、金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がありません。強度も高いため、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

メリット
  • 天然歯に近い美しさを再現でき、見た目が良い
  • 割れにくく、ほとんどの部位に使用できる(奥歯にも使用できます)
  • 土台もセラミック素材なので金属が透けて見えない
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 見た目の美しさはオールセラミッククラウンに劣る
  • 天然歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷めることがある
  • ジルコニアを覆っているセラミック部分がまれに割れることがある
  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:110,000円(税別)

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材です。保険素材よりも審美性が高く、美しい白い歯になりますが、オールセラミックより透明感などが劣ります。

メリット
  • 保険適用のレジンのみよりも審美性が高く、美しい白い歯になる
  • 金属を使用しないため金属アレルギーがない
デメリット
  • オールセラミックより透明感が劣る
  • 長期の使用で変色や摩耗を起こすことがある
  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:80,000円(税別)

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンとは、貴金属にも用いられる金(ゴールド)を使った被せ物です。 天然歯に近い硬さで噛み合う歯を痛めません。強く噛む大臼歯に向いています。生体親和性も高く安心です。

メリット
  • 金属なので強度が高く壊れにくい(強い力のかかる奥歯にでも使用できます)
  • 歯との適合が良く、二次的な虫歯(再発)を起こしにくい
  • 金属が溶け出しにくく、歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こりにくい
デメリット
  • 見た目が金色で目立ちやすい
  • 保険外治療で費用が高い

費用(自由診療):1本:100,000円(税別)

歯の土台(コア)

被せ物(クラウン)を歯に装着するには、土台(コア)が必要となります。この土台に関しても保険診療と自費診療があり、使用できる素材が異なります。

保険適用

メタルコア

メタルコアは金属製の土台です。保険診療で欠損が大きい歯の治療する場合などに多く使用されています。

レジンコア

レジンコアは、歯科用プラスチックであるレジンを用いた土台です。

自由診療

ファイバーコア

ファイバーコアは、レジンコアにFRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れ、強度を高めた土台です。天然歯と同様の色で審美性に優れています。柔軟性が高く屈曲しながら力を分散するため歯への負担が軽減でき、歯根破折の可能性も低くなります。金属アレルギーの心配もありません。

インプラント

インプラント治療は、歯の抜けた部分の顎骨に人工歯根(インプラント)を入れて支柱とし、その上に人工歯を固定する治療法です。機能性や審美性に関してご自身の歯と同じような感覚を取り戻していただくことができます。

ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯の表面に専用の薬剤を塗布し、エナメル質に入り込んだ歯の変色汚れを分解・漂白して、歯本来の美しい白さを取り戻す施術です。

歯は生えたときは誰でも白く透き通っていますが、月日の経過とともに様々な要因で、その白さは失われていきます。歯の表面の着色や汚れだけであれば、クリーニングによってある程度改善することができますが、歯の内面にまで変色汚れが及んでいる場合、クリーニングだけでは本来の白さはよみがえりません。そんなときはホワイトニングがお勧めです。もともと歯が黄色っぽい方も、ホワイトニングによって理想の白さが期待できます。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯を今よりも白くしたい
  • 歯の黄ばみが気になる
  • 成人式や結婚式前に歯を白くきれいにしたい
  • タバコのヤニや飲み物による着色汚れが気になる
  • 歯の色が気になり口を開けて思いっきり笑えない
  • 人と接するときに自信が持てない

白く美しい歯は、周囲の人たちに好印象を与えるだけでなく、ご自身の自信にもつながります。歯科が提供するホワイトニング治療で、憧れの白い歯を手に入れることが可能です。お気軽にお問合せ下さい。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯科医師の指導のもとご自身で行う方法です。歯型をとって、薬剤を塗布するときに使用するマウスピースを作製し、決められた工程をご自宅で行っていただきます。忙しくて歯科に通う時間が取れない方、あるいはもっと気軽に美しい歯を手に入れたいという方にお勧めです。

はじめに歯科医師と面談して求める歯の白さを決定します。ご自宅で薬剤を入れたマウスピースを1日2時間装着し、それを2週間程度継続していただきます。

オフィスホワイトニングと比較して費用を低く抑えることができ、白さを保つ期間が長いという特徴があります。また低濃度薬剤を使用するため歯への刺激は弱めです。

メリット
  • ご自身のペースで手軽にホワイトニングができる
  • ホワイトニング効果が長期間持続する
  • 費用を抑えることができる
デメリット
  • 歯が白くなるまでに時間を要する
  • 1日2時間、2週間程度継続する必要がある(毎日時間を取られてしまう)
こんな方にお勧めです
  • 忙しくて歯科に通う時間が取れない
  • 手軽に歯を白くしたい
  • 痛みをほとんど感じることなく歯を白くしたい

ホワイトニングが受けられない方

  • 妊娠中の方、授乳中の方
  • 大きな虫歯や歯周病がある方
  • 14歳未満の子供(歯の成長に影響を及ぼすことがあるため)
  • 無カタラーゼ症(ホワイトニングの主要薬剤である過酸化水素を、分解して無毒化する酵素⦅カタラーゼ⦆が先天的に欠損している遺伝性疾患)の方

ホワイトニングの注意事項・副作用

  • 施術中や施術後に歯がしみることがあります。一時的な知覚過敏の状態となっているもので、徐々におさまります。
  • お茶やコーヒーなどを飲用し、長時間口をゆすがずにいると、ホワイトニングされても着色することがあります。こまめに口をゆすいだり、歯磨きをしたりすることで、白さの持続につながります。
  • 人工歯(差し歯、詰物など)を白くする効果はありません。

ホワイトニング治療の流れ

ホームホワイトニング

1

現在の歯の色を確認し、歯の表面をクリーニングします

お口の虫歯管理・歯周病管理(クリーニング、レントゲン等)は保険適用での治療となります。
※消耗品等(歯ブラシ、歯磨き粉、消毒液などは治療費に含まれません)

2

歯型をとって専用のマウスピースを作製します

3

完成したマウストレーとホワイトニングジェル(低濃度薬剤)をお持ち帰りいただきます

4

ご自宅でホワイトニングする前には、丁寧にブラッシングを行っていただきます

5

低濃度薬剤を入れたマウスピースを1日に2時間装着します。装着時には薬剤が行き渡っていることを確認して下さい

6

ホワイトニング効果の経過を確認するため、指示された日にご来院下さい

2週間程度ホームホワイトニングを続けることで、理想的な歯の白さに近づけることが可能です。その後も定期的に継続することで歯の白さを保つことができます。

ホワイトニング料金のご案内

ホワイトニングはすべて自費診療となります。
追加ジェルが必要の場合は、診察を改めて受けていただきます。

ホームホワイトニング

上下マウスピーストレー ジェル4本 20,000円(税別)
ジェル1本 2,500円(税別)